30代・業種別年収のリアル&転職のススメ

突然ですが、あなたは自分の年収に満足していますか?

 

30代に突入すると、会社で責任の大きな役職に就くことも多くなり、20代のころと比べて年収がアップした人も少なくないでしょう。

 

転職サイトDODAが2016年に行った調査によると、正社員として就業している人の年代別平均年収はこのようになっています。

f:id:money-oshiete:20170925095328j:plain

https://doda.jp/guide/heikin/age/

 

日本では、未だ年功序列制度が主流。

年代が上がるにつれて、平均収入も上がっていっているのがわかりますね。

 

 

職業や年齢によってその数値は大幅に変わってきます。

まず、年齢・性別の平均年収をご覧ください。

 

30代前半(30~34歳)の平均年収:471万円

男性:514万円

女性:429万円

 

30代後半(35~39歳)の平均年収:511万円

男性:587万円

女性:436万円

http://heikinnenshu.jp/kininaru/30sainenshu.html 厚生労働省の調査による)

 

30代の前半か後半かによっても、平均年収には大きな差が出てきます。

 

では、続いて主な産業別の平均年収を見てみましょう。

 

・30代前半(30~34歳)

職種

男性

女性

建設業

309万円

258万円

製造業

270万円

217万円

情報通信業

322万円

297万円

運輸業・郵便業

269万円

225万円

卸売・小売業

287万円

236万円

金融・保険業

384万円

265万円

学術研究・専門・技術サービス業

323万円

282万円

宿泊業・飲食サービス業

256万円

213万円

生活関連サービス業・娯楽業

271万円

224万円

教育・学習支援業

322万円

260万円

医療・福祉

283万円

247万円

その他サービス業

256万円

220万円

 

 

・30代後半(35~39歳)

職種

男性

女性

建設業

345万円

236万円

製造業

303万円

224万円

情報通信業

380万円

315万円

運輸業・郵便業

287万円

226万円

卸売・小売業

327万円

243万円

金融・保険業

482万円

277万円

学術研究・専門・技術サービス業

372万円

296万円

宿泊業・飲食サービス業

278万円

214万円

生活関連サービス業・娯楽業

309万円

231万円

教育・学習支援業

380万円

304万円

医療・福祉

314万円

262万円

 

(厚生労働省のデータをもとに作成 

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/index.html

                                            

主な産業別に賃金を見ると、男性では金融・保険業がもっとも高く、宿泊業、飲食サービス業がもっとも低くなっています。

女性でもっとも高いのは教育、学習支援業で、次いで情報通信業が高く、もっとも低いのは男性と同じく宿泊業、飲食サービス業となっているのがわかりますね。

 

全体のデータではなく、自分と同年代・同職種の数値を見ることで、よりリアルな比較をすることができます。

 

 

比較した結果、「同年代と比べて自分は年収が低い」なんてドキッとした人もいるのではないでしょうか?

これ以上のスキルアップ・年収アップは見込めない…そんな方は今の会社にこだわらず、転職を検討してみてもいいかもしれません。

 

30代というのはすでにある程度のスキルを積んでいる場合が多いので、同じ職種に転職することでその会社の即戦力になれる、かつ年収アップも望むことが十分に可能です。

 

リクナビネクストの調査によると、30代前半に転職活動を行った人のうち、約半数が「転職が不利だとは感じなかった」と回答しています。

また、30代前半で転職した人のうち46.6%が「年収が上がった」と回答しています。

 

キャリアを活かした転職は、収入面でもやりがいの面でもプラスに働くことが多いですが、未経験職種の場合は難しい可能性があります。

「前会社で一定の経験があること」が転職の前提となっている場合が多いため、会社の即戦力になれないということは、年齢が上がるにつれて浮き彫りになるリスクだといえます。

特に35歳を超えると、異業種への転職はかなり厳しいのが現状のようです…。

 

30代で転職する際、ただがむしゃらに「自分はこれがやりたいんだ!」というアピールだけをすればいいわけではありません。

今の会社で経験したこと、これまでに自分が積んできた業績、転職先で具体的にどんな成果をあげられるか。

面接では、「自分を採用すれば、こんなにたくさんのメリットがあるのだ」ということを、より具体的かつ論理的に説明することが大切です。

 

 

Dodaの調査によると、30代の転職理由ランキングは1位が「会社の将来性が不安」、続いて2位が「他にやりたい仕事がある」、3位が「給与に不満がある」という結果になっています。

会社や仕事の現状に満足できない、ということがきっかけで転職を考える方は少なくないのです。

 

希望業種や経験にもよりますが、転職を考えるなら早いに越したことはありません。

将来家族が増えることや貯蓄への備えのために、職を替えて年収アップを目指してみるのもいいかもしれませんね。

 

wayxbmur.hatenablog.com