30代・40代でかかるお金のリアルを調査

仕事に恋愛、趣味や旅行に夢中になっているとあっという間に20代が終わり、気が付けば30代に突入していた…。

そんな方も、少なくないのではないでしょうか?

30~40代では、結婚という大きなライフイベントを経験する方も多くなってきますよね。

それにともない、大きな出費が発生する機会も増えてくることでしょう。

 

やりたいことや自分磨きに思い切りお金をかけてきた20代とは違う、30~40代のお金の使い道。

そのリアルを調査してみました。

まず、30代・40代の平均年収はどのくらいなのか?

平成25年の国税庁の調査によると…

平成25年 30代前半
(30歳~34歳)
30代後半
(35歳~39歳)
男性 平均年収
438万円
平均年収
499万円
女性 平均年収
294万円
平均年収
297万円
男女計 平均年収
384万円
平均年収
425万円
全世代男女の平均年収:414万円

 

平成25年 40代前半
(40歳~44歳)
40代後半
(45歳~49歳)
男性 平均年収
568万円
平均年収
638万円
女性 平均年収
290万円
平均年収
292万円
男女計 平均年収
459万円
平均年収
491万円
全世代男女の平均年収:414万円

こんな感じです。

それぞれの年代の中でも前半・後半、また性別によっても大きな開きがあることがわかりますね。

男性の年収が30代から40代で大幅にアップするのに対し、女性はほぼ大差ないのが実態のようです(むしろちょっと下がっていますね)。

 

では、30~40代の男女は、このお金をどうやって使っているのでしょうか?

 

博報堂の生活定点調査によると…

 

【30代】
●お金をかけているものランキング
<女性TOP5>
1.子供のための教養・勉強にかけるお金(37.0%)
2.ふだんの食事にかけるお金(30.6%)
3.外食にかけるお金(25.1%)
4.美容にかけるお金(散髪・エステなどを含む)(21.4%)
5.お金をかけているものはない(19.7%)

<男性TOP5>
1.外食にかけるお金(29.6%)
2.趣味にかけるお金(28.2%)
3.子供のための教養・勉強にかけるお金(25.1%4.ふだんの食事にかけるお金(23.4%)
4.お金をかけているものはない(23.4%)

【40代】
●お金をかけているものランキング
<女性TOP5>
1.子供のための教養・勉強にかけるお金(49.9%)
2.ふだんの食事にかけるお金(34.4%)
3.外食にかけるお金(24.8%)
4.通信にかけるお金(電話・携帯電話・インターネットなど)(23.7%)
5.旅行にかけるお金(22.1%)

<男性TOP5>
1.子供のための教養・勉強にかけるお金(37.1%)
2.外食にかけるお金(28.1%)
3.趣味にかけるお金(24.0%
4.ふだんの食事にかけるお金(22.8%)
5.通信にかけるお金(電話・携帯電話・インターネットなど)(22.0%)

 

いかがでしょうか。

 

30~40代の女性、そして40代の男性がもっともお金をかけているのは「子供のための教養・勉強にかけるお金」となっているのです。

 

いかにたくさんの方が、子供の養育費や教育費に収入の多くを割いているのかがわかりますね。

ちなみに、子供の出産から大学卒業までにかかる総費用は、およそ2,400万~3,000万円といわれています。

 

 

 

また大部分の方が、20代までと違うと感じられるポイントはそこだけではありません。

 

順番が前後してしまいましたが、子供の養育費にもっとも多くのお金をかけているということは…。

 

そう、その前には「結婚」という一大イベントがありますよね。

 

 

平成27年の平均初婚年齢は、

 

男性:31.1歳
女性:29.4歳

 

となっています。

 

 

昨今の婚活ブームからも、結婚への憧れを抱いている人は少なくないでしょう。

 

 

しかし…!

 

結婚とは、とてつもなくお金がかかるものなのを知っていますか?

とてもじゃないけど、夢や憧れで済ませられるような甘い話ではないのです。

 

もちろん、「籍を入れるだけで式は挙げない」「元々同棲しているので特に変化はない」という方もいますから、すべての人に当てはまるものではありませんが、

 

2016年度に行われた調査によると、婚約から新婚旅行までにかかる費用はなんと全国平均469.7万円にも上るのです…!

嘘でしょう?? と思いますが、どうやらこれが実態のようです。

 

とてもじゃないけれど、コツコツ貯めておかないとこの金額はかけられませんよね…。

 

さらに新生活の費用などもこれにプラスされるとなると…。

考えるだけでめまいがしそうですね。

 

結婚や子供の誕生にともなって、

 

人生でもっとも大きな買い物と言われているマイホームや、

2番目に大きな買い物とも言われる保険のことを検討する方が多くなってきます。

 

そんな巨大な出費が、次々と降りかかってくる30代・40代。

 

「20代より年収が上がったとしても、そんな金額いきなり用意できるわけないじゃん!」

 

そう感じた10代・20代のみなさん。

 

その通りです。よっぽどお金持ちでない限り、そんな大金を急に用意することなんてできません。

 

だからこそ、いざ出費に迫られた時に慌てないよう20代のうちからしっかり貯金しておきましょう。

 

定職に就き、無駄遣いをせずに収支をしっかりと管理していれば

その後の人生に必要なお金を貯めていくことは決して難しくありません。    

 

次回は、20代の貯金のリアルとお金を貯めるための極意をご紹介します!