30代必見!住宅ローンのススメ

30代というと、ある程度収入が安定してきて貯蓄もできてくる頃ではないでしょうか。

さらに、結婚や出産を経て家族構成も決まってくる時期ですよね。

それらの変化に伴って、マイホームの購入に踏み切る人は多いと思います。

 

とはいえ、人生でもっとも大きな買い物と言われる家を、一括でドーンと買えることはまずありませんよね。

大部分の人は、マイホーム購入に伴って住宅ローンを組むことになります。

 

住宅資金は、教育資金、老後資金と合わせて人生の三大資金と呼ばれているほど重要なもの。

お子さんがいるなら教育資金、さらに自分や配偶者の老後のためのお金も欠かせませんよね。

この三大資金を総合的に踏まえて、収入と支出のバランスを考えつつ、住宅ローンの毎月の返済額を定めるといいでしょう。

ちなみに、返済比率は年収に対して25%以下にすると良いと言われています。

 

返済期間の決定は慎重に

住宅ローンは、25年~35年くらいの期間で組むのが一般的。

長期にすると月々の返済負担は少なくできますが、返済期間中ずっと金利が発生することに加え、定年退職後も払い続けねばならない可能性が出てきます。

かといって、短期のローンにすれば毎月の返済負担が大きくなってしまい、日々の生活がカツカツになる可能性も…。

ですから、一概にどちらがいいというのは言いにくいところですね。

 

仮に40歳で35年の住宅ローンを組めば、払い終わりは75歳になってしまいます。

定年退職後は支払い能力が落ちると考えられるため、安定した収入があるのであれば若いうちに組んでしまうのも一つの手だといえるでしょう。

30代前半で住宅ローンを組み、定年退職前に払い終えるというのは理想のかたちですよね。

 

いずれにしても、ボーナスなどの臨時収入で余裕ができたときには、どんどん繰り上げ返済をしていくようにしましょう。

返済期間が短ければ短いほど、トータルの返済金額は少なくて済みます。

金融機関に進められるまま長期ローンを組むのではなく、ご自身の年齢や懐具合に合わせて選ぶのが得策です。

 

収入&家族構成は重要ポイント

年収の向上・安定と、家族構成の決定。

住宅ローンを組むタイミングを見定める指針として、この二つはとても重要です。

 

30代ともなると、20代のころに比べて年収が上がった方も多いのではないでしょうか。

今後、数十年間にわたってきちんと返済していけるだけの収入があることは、住宅ローンを組むにあたっての必須条件です

また、結婚や出産といった一大イベントを控えた状態で住宅購入に踏み切ってしまうと、建てたあとになって部屋数などに困ってしまうことも考えられますよね。

家族構成が程度固まってから、家の購入に踏み切った方が良いでしょう。

 

民間ローンと公的ローン

住宅ローンには、大きく分けて民間ローン公的ローンの2種類があるのをご存知ですか?

 

民間ローンには、銀行ローンやノンバンクローン、フラット35などが含まれます。

銀行ローンは、低金利や各種サービスの充実が特徴です。

借り入れ条件や適用金利は各銀行の規定や利用状況などによって異なるため、近年どんどん多様化している住宅ローンの一つだといえます。

フラット35とは、住宅金融支援機構と民友金融機関の連携による住宅ローンのこと。

ですから、正確には民間ローンと公的ローンの中間に位置するものだといえます。

長期間にわたって金利が固定されているのが大きな特徴です。

返済終了まで金利が変わらないため、ライフプランを立てやすいのがメリットだといえるでしょう。

 

公的ローンは、公的機関による融資のことを指しており、財形融資や自治体融資が含まれます。

財形融資とは、勤務先で財形貯蓄を1年以上行っていて、なおかつ残高50万円以上の人が利用できる住宅ローンのこと。

財形貯蓄額の10倍まで借入でき(最高4,000万円)、さらに民間融資との併用も可能です。

自治体融資は各自治体独自のもので、その内容はそれぞれ異なります。

そもそも融資制度を設けていない場合もあるので、まずは自宅や勤務先のある自治体に問い合わせてみるといいですね。

 

まとめ 

住宅ローンをお考えの皆さん、少しはお役に立てたでしょうか?

最後にもう一度、住宅ローン決定に際するポイントをまとめておきます。

 

  • 住宅資金は、教育資金と老後資金とのバランスをよく考える
  • 返済総額を減らすためには、繰り上げ返済を活用!
  • ローンの期間は年齢と収入を考慮して決定
  • マイホームの購入は、収入と家族構成が安定してから
  • 自分に合った住宅ローンを選択する(併用できるものも!) 

 

どの住宅ローンが自分に合っているのかわからない!という方は、まずご自身が現在利用中の金融機関や、年収、家族構成などを書き出してみましょう。

普段から利用している金融機関があれば、オトクな金利で住宅ローンを組める可能性がありますし、お住まいの自治体によっては利用可能な融資があるかもしれません。

自分の状況をきちんと把握したうえで各機関に問い合わせてみるといいですね。

 

大切なのは、きちんと比較したうえで決定すること。

あなたに合った住宅ローンを見つけられるといいですね。

 

sennich.hatenablog.com

 

将来が不安…。30代女性への貯金のススメ

 

30代女性の悩みといえば、恋愛や結婚を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

 

しかしながら、それらの悩みと切っても切り離せない、あるいはより一層深刻なのが「お金の悩み」。

当たり前ですが、人として最低限の生活を送るためにはどうしたってお金が必要ですよね。

 

 

30代女性が実際に抱えている悩みには、

 ・年収が低い 

・保険について

・資産運用のやり方がわからない

・貯金がない

・将来が不安

 などなどが挙げられる模様。

(参考:https://daily-ands.jp/posts/57c403c973f32109030dc8b1/

 

「手取りが少なくて日々の生活にも困っている」「遊ぶお金が足りなくて困っている」といった声の目立つ20代のお金の悩みとは、また違った印象が見受けられますね。

 

中でも着目したいのが、「将来に対する不安」という部分。

 

女性の平均寿命は男性よりも長く、平成27年度の調査によると87.05歳だそうです。

それを踏まえると30代は、「何歳まで働けるか」「働けなくなったあとどのくらいのお金がかかるのか」ということを真剣に考え始めるのに、決して早すぎる年齢ではありません。

 

 

将来への不安で真っ先に挙げられるのが、年金の問題ではないでしょうか。

「我々の世代ではもらえなくなるから、払ってもムダ!」

みたいな風潮も、じわじわと広がってきていますよね。

 

でも、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

年金には、大きく分けて二つの種類があります。

 

  • 日本在住の20歳以上60歳未満すべての人が加入対象である国民年金(基礎年金)
  • 会社員・公務員が加入する厚生年金

 

これらの年金は、自分たちの老後のために払っているのではなく、現・老後世代を支えるために働く世代が払っているもの。

つまり、支払う世代がいなければ年金は成り立たないのです。

 

しかしながら、日本はどんどん少子高齢化社会になってきています。

 ということは将来的に、

「年金を受け取る世代は増えるのに、払う世代が少なくなる」!!!

 

年金受給者の金額を今と同水準に保とうとすれば、支払う世代の負担が重くなる。

支払う世代の金額を今と同水準に保とうとすれば、老後世代の受給金額が減ってしまう…。

これでは、にっちもさっちもいきませんよね。

 

さらに恐ろしいことに、今後物価が上昇する可能性も。

もし仮に現在と同額の年金を受け取れたとしても、その価値はぐんと下がってしまっているかもしれないのですね…。

 

とはいえ、年金の半分は税金(国庫負担)によって賄われているため、将来的に減額する可能性はあってもゼロになることはまずありません。

 

そうはいっても、これだけの厳しい現実を考えると、年金だけを老後生活の頼りにするのはあまりにもリスクが高いですよね。

上記を踏まえると、30代からの貯金は必須であることがわかっていただけるかと思います。

 

 

では、どのようにお金を貯めていけばいいのでしょうか?

 

預金にも、大きく分けて二つの種類があります。

 

  • 普通預金:随時預け入れと引き出しが可能。ただし流動性の高い資金であるため金利はかなり低い。
  • 定期預金: いったん預けると、原則として満期日までは引出できない。流動性が制限されるため、普通預金よりも金利は高め。

 

金利は、預入期間と預金額によって変動することがほとんどです。

 

将来のためにお金を貯めるのであれば、やはり定期預金が適しているといえます。

わずか数円、数十円であるとはいえ利息がつきますし、カンタンに引き出せないので無駄遣いを防げるというメリットも。

 

また、定期預金よりも高い金利が適用されるイオン銀行の普通預金もオススメ。

イオンカードセレクトを持っていれば、普通預金の金利がなんと0.020%から0.120%にまで上乗せされるのです。

普段よくイオンを利用される方、例えば主婦の方などにはぴったりの預け先ですね。

 

 

もっと身近なところで、お金を貯めるための近道を考えてみましょう。

 

とにかく何よりも重要なのが、日々のムダ遣いを減らすこと!

もっとも基本的なことですが、それが貯金への第一歩になるのです。

 

ついついコンビニに立ち寄っては、目についた新製品を買っていませんか?

便利だからと買ってしまうペットボトル飲料だって、毎日のこととなると一週間で150円×7日=1050円、一か月で150円×30日=4,500円もの出費になってしまいます。

自宅から水筒を持参するだけでも、かなりの節約になりますよね。

 

ストレス発散のための散財も、ぐっとこらえて将来の自分に贈ってみませんか?

 

まずは、自分が何にどれだけお金を使っているのかしっかりと把握することが大切です。

そのうえでムダな出費に気づき、収入に見合った支出を心がけていきましょう。

 

ほんの少しの積み重ねが、将来の大きな安心へと繋がっていくのです。

 

daily-ands.jp

 

 

20代の貯金のリアルと貯め方の極意

 

前回の記事では、30代・40代でかかるお金のリアルをご紹介しました。

結婚や育児というのは想像をはるかに超えてお金がかかるものなので、20代のうちからお金を貯めておくことの重要性はかなり高い!というお話でしたね。

blog.mujin-keiyakuki.net

 

今回は、実際20代はいくらくらいお金を貯めているのか、またどうやったらきちんと貯金ができるのかということをお話ししていきたいと思います。

 

続きを読む

30代・40代でかかるお金のリアルを調査

仕事に恋愛、趣味や旅行に夢中になっているとあっという間に20代が終わり、気が付けば30代に突入していた…。

そんな方も、少なくないのではないでしょうか?

30~40代では、結婚という大きなライフイベントを経験する方も多くなってきますよね。

それにともない、大きな出費が発生する機会も増えてくることでしょう。

続きを読む

もしかして、まだ現金使ってる!?支払いがラクなだけじゃない、クレジットカードにはメリットが盛りだくさん!

 お会計のとき、クレジットカードをスッと出してサインすることにかつて憧れていませんでしたか?

 

「なんかわからんけどカッコいい…!」と思い、筆者はずっと憧れていました。

 初めてカードで決済したときの「うわ、今自分カッコいい…!」というなんともダサい感動、私は今でも忘れていません(約2週間前の話です)。

 

そんなカッコわるい余談はさておき、お店のレジやネットショッピングでスマートな支払いができるのは、クレジットカードの大きな魅力ですよね。

でも、クレジットカードの特長はそれだけじゃないんです!

 

続きを読む

お金について考えて学ぶことは重要

アラサー世代の方なら、小さい頃を振り返ってみると、親からもらった100円玉を握り締めて駄菓子屋に走った記憶がある方も多いのではないでしょうか?
もちろん、世代に限らず、今の子供たちもお小遣いをもらって駄菓子屋(今はコンビニとかかも知れません)に走っているでしょう。


そう、私たちは子供の頃、お小遣い・親戚から正月にもらったお年玉など、【お金は貰うもの】でした。

 

ところが学校を卒業して大人になっていくと、いつの日か立場は逆転します。
もし、自分に子供がいればお小遣いをあげることもあるでしょうし、甥っ子・姪っ子にもお年玉をあげることもあります。

続きを読む